私はこう考える

病気の症状やその診断基準については、今やネット上に溢れています。そこで、ここでは実際に私がどのように考え、どのように治療にあたっているのか、その実際をご紹介していきたいと思います。もちろん誤った内容をお伝えすることはあり得ませんが、あくまでも「私はこう考える」という視点でのお話になりますので、「ホンマでっか?」というような軽いお気持ちでご一読、ご参考にしていただければ幸いです。

colum 1 結局頑張ればいいの?頑張らない方がいいの?

症状の程度、時期によると思います。例えば、運動で身体を鍛える時、故障をしていなければ多少きつくても頑張った方が結果として筋肉や骨が強くなります。しかし、いざ故障をしてしまったら、骨折してしまったらどうでしょうか?
まず頑張ることは出来ないでしょうし、万が一頑張れたとしても故障の悪化につながってしまうでしょう。私は患者さんの背中を押して頑張っていただいた方がいのか、休んでいただいた方がいいのか、その基準として上記のように骨折、故障をしてしまっていないかという視点を大切にしています。

colum 2 じゃぁ、休んでる時、どう過ごすべきですか?

非常に良く聞かれる質問です。いざ休職をしていただいた時、真面目な皆様は休みさえも「頑張ろう」としてしまうのです。でも考えてみてください。骨折をして休んでるんです。骨がくっつくまでは病院のベッドで脚をぶら下げて寝ていると思ってください。そして骨がくっついたら、少しずつ動けるままに動いてみましょう。少し外に出て散歩をしたいと思ったら出てみる。友人と話してみたいと思ったら話してみる。まだスクワットも踏み台昇降もする必要はありません。自己啓発本を読む必要もありません。そうして少しずつ筋力を戻しながら、また歩けるように、そして走れるようにしていきましょう

colum 3 薬とはどう向き合えばいいの?

疾患にもよると思いますが、例えば「うつ」の場合。病気の状態は言わば河川が氾濫した状態だと思っています。嵐や台風等のストレスで一気に氾濫したケースもあれば、6月の長雨で少しずつ水位が高くなったケースもあるでしょう。もともとの川の特徴(病前性格)として、曲がりくねっていて氾濫しやすいものもあれば、流れが緩やかなところに運悪く大災害に見舞われたケースもあるでしょう。氾濫しやすくてもダム(家族や友人の支え)により、未然に防がれていることもあるかもしれません。 こういった状況のなか、薬とは堤防の様な役割だと思っています。まずは、可能であれば上流からのストレスを最小化する(環境調整)。そのうえで堤防を設置して川の流れを整えていきます。間もなく川の流れは緩やかになるでしょう。でも、すぐに取り壊してはいけません。一度氾濫した箇所はまだ脆弱です。周りに草木が生い茂り、地盤が固まるのを待ちましょう(病識の獲得、自己肯定感の回復、認知の修正等)。そしてある程度大丈夫かな?と思ったらそっと少しずつ堤防の高さを下げていけばいいのです。すると川は自らの流れで再び穏やかに、力強く流れていくはずです。

colum 4 なぜ心療内科は予約がとりづらいのですか?

心療内科は他の診療科と異なり、他職種による多くの検査、処置があるわけではなく、ほとんどが先生と患者さん一対一の世界です。看護師さん、検査技師さんと上手く連携をとりながら、複数の患者さんを同時に診ていく救急の先生は実に見事ですね。しかし、心療内科の場合はそうはいきません。言わば1組限定の飲食店のようなものです。
初めてご予約をいただいた際は必ず一定の時間の枠を確保しております。ダブルブッキングなんてもってのほかです。初診ほど時間は取れませんが、再診の方にももちろん一定の時間確保が必要です。お一人で1日70人の患者さんを診察している先生もいらっしゃると聞きます。計算してみてください。新たな枠の確保が当然難しくなるわけですね。
残念ながら当院でも、新患のご予約をいただきながら、連絡なく来院されないケースが週に数件は必ずあります。その数時間は私もスタッフもただただ待ちぼうけの状態です。時間が取れずご予約をお断りした患者さんに対しては大変申し訳ない気持ちになります。中には、対策として「予約料」を設定しているクリニックもあるようです。
時間のある限り、精一杯診察治療にあたることをお約束します。新たにご予約をしていだく際は、少しでもこのような心療内科の実際をご理解いただきながら、「ご予約10分前の来院」そして、どうしても来院できない場合は早めのご連絡をいただければ幸いです。